[PR] ソーテック 団塊世代タレント論:一休さんのシニア情報 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

団塊世代タレント論

泉ピン子 団塊のタレント【一休さんのシニア情報】

泉ピン子 「渡る世間は鬼ばかり」


泉 ピン子も団塊世代でした。

1947年9月11日生れ最初はお笑いの世界へ

牧伸二に師事して歌謡漫談家としてデビュー(当時の芸名は「三門マリ子」)。しかし、売れっ子の師匠と違ってキャバレー回りが続いたといいます。

「ウィークエンダー」の番組レポーターを担当したのを機に、改名し「泉ピン子」と、

この芸名は芸能人になるのを反対していた父親が『芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ』その一言で決まったのでした。

 その後連続テレビドラマ「おしん」での母親役の演技力の評価で、橋田寿賀子との深い関係が生まれ、



大ヒット作品「渡る世間は鬼ばかり」のラーメン屋の嫁と母親役を実にうまく演じています。

このドラマでの泉ピン子は5人姉妹の長女で、まとめ役のような立場です。

とにかくこのドラマ、人間関係が複雑怪奇、

5人の娘の実家(岡倉家)の家族たち、5人それぞれの嫁ぎ先の家族たち、その親や息子、娘、孫世代まで描いていています

さすが橋田寿賀子という所でしょうか

出演者の役柄と個性をよくもまあ間違えないでドラマを書いていると

昔少しシナリオを書いたりしていた私には、手品を通り越して
紙の奇跡だとさえ思えます。

団塊世代の泉ピン子自身の事はともかく

「渡る世間は鬼ばかり」の家族とは、まさしく団塊世代が直面する現実k族と未来家族です。

 泉ピン子の位置は80歳を過ぎた親の面倒(実家も含む)を見なければならないし、成長して巣立っていく子供の世話もしなければならない、そして孫との関係もつなぐ世代



このドラマはまさしく、これからの団塊世代の家族の人間関係と、それぞれの世代の家庭の持ち方を暗示するものと思えます。

 おしん 完全版 少女編

渡る世間は鬼ばかり パート1 BOX I

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

団塊世代タレント論

いしだあゆみ 団塊の女優【一休さんのシニア情報】

 いしだあゆみは団塊世代 60歳を過ぎて生き生き

いしだ あゆみ(本名;石田良子、1948年3月26日生まれ)

大阪府池田市育ち関西出身の歌手及び女優。

いしだあゆみはフィギュアスケート選手を経て芸能界にスカウトされました。妹に元歌手の石田ゆり(なかにし礼夫人)がいます。

歌手として、『ブルー・ライト・ヨコハマ』が1969年初頭から大ヒット、NHK紅白歌合戦に1969年から1977年まで9年連続出場を果たした



その後は女優に、1977年「青春の門・自立編」で報知映画賞助演女優賞、1986年には文芸大作「火宅の人」で日本アカデミー賞主演女優賞を始め、報知映画賞、ブルーリボン賞等、数々の賞を受賞しています。

いしだあゆみは主演映画でも数多くの作品に出ていますが、綿真意は助演女優としての印象が強くあります。

「青春の門」自立編でのいしだあゆみは

赤線で苦学生には本での支払いを認めるというインテリ娼婦を演じました。

主人公信介(田中健)が東京に出て、青春の迷いの中いしだ娼婦との出会い、そのかれを慰め、そして信介の大学講師と心中をはかる

いしだあゆみはそんな捨て鉢で優しい娼婦をすごくうまく演じていました

彼女が関西大阪生まれだからでもないのですが、

文楽「曽根崎心中」を思わせるいしだの好演技だった記憶があります。

彼女はすごい美人でもありません、やせぎすで鎖骨が浮いて見える女優ですが、

最近のテレビドラマNHK「芋たこなんきん」でも

主役藤山直美の少し臭くなる演技に石田の助演がうまく助けていた印象が強いのでした。


北の国から(1)


こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

団塊世代タレント論

団塊タレント 寺尾聡【一休さんのシニア情報】

寺尾聡の優しさ「雨あがる」は団塊世代美意識

寺尾 聰(、1947年5月18日 - )は神奈川県横浜市出身。

俳優・宇野重吉の長男。サングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマークです。

石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビュー。これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として主にテレビドラマに出演した。

その後「ルビーの指輪」がヒットして、彼の俳優としての個性と石原プロのアクション傾向が合わず、石原プロを離脱、父親譲りの人間を深く演じる俳優としての道を歩む。

その後『乱』『夢』『まあだだよ』の黒澤明作品に続けて出演し、役者としての奥深さを学び、



2001年、黒澤明の遺稿となる、『雨あがる』に出演し日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞しました。

 特にこの作品は、映画館で2回ビデオでも何回か見た作品です。

私が大好きな山本周五郎原作ということもあるのですが、

寺尾演じる主人公の侍

腕はむちゃくちゃすごいのにどこにも仕官できない

雨が降りしきっている。人々は川を前にして足止めを喰らっている。

町のはずれの一軒の安宿には、路銀にも事欠く貧乏人が、ろくろく飯も食わずに、ひたすら雨のあがるのを待っている

彼は同宿の貧乏人たちに1夜の宴会を持つために

町道場に出かけ、賭け試合をする

その夜、宿では、彼の振舞う酒や肴で盛り上がった。

翌日「雨があがる」

同宿の人々は、口々に礼を言って川を渡っていく

この地の城主が彼の腕にほれ仕官を勧めるが、

彼の賭け試合がばれて、それも流れてしまう。

彼はいつももう一歩というところで仕官できず浪人生活をおくり

妻と旅を続ける。

寺尾聡が団塊世代であることの象徴的な映画だと思いました。

いろいろな役柄を演じた寺尾ですが、

この侍は寺尾自身であると思わせるほどぴったりはまっていた気がします。

堺屋太一さんの

団塊世代の美意識は「優しさ」だという考えは、まさにこの映画の寺尾聡が示したのです。

■送料無料■寺尾 聡 CD【寺尾聡アンソロジー 1966-1987】5/24

こだわりのシニア向け商品選抜
シニア市場 情報サイト!!

団塊世代タレント論

さだまさしと眉山【一休さんのシニア情報】

さだまさし 眉山を書く

眉山 眉の形の徳島市の小さな山

どの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれる。徳島市のシンボル的存在として親しまれています。



さだまさしがこの山を見て母娘の愛情を描いた小説を書きました。

そして今年映画化されました。

試写会に皇后様もお見えになったそうでした、

どうしてこの映画を皇后様がご覧になったかも

興味があって眉山の映画見ました。



映画を見ながら、ストーリーや出演者にその理由は見つかりません

なぜ皇后が見る必要があったのか

皇后がご覧になるには、それなりの理由があるはずです

映画のストーリーの中や、出演者のどにその答えはありません

ここからは、独断推測です

皇后が見なければならない必然があるとすれば

「眉山(びざん)」と「阿波踊り」

天皇家に何か影響を与える歴史やしきたりの中にこの山や踊りがある

阿波踊りは、蜂須賀家・・・と言うとかなり歴史が新しい

眉山(びざん)・・・やはり

私が尊敬する産婦人科医に後藤田みどり先生がおられます

みどり先生はあの後藤田正晴さんの従妹でいらっしゃいます

そしてある意味霊能力者でもあり、徳島の歴史の中に古代日本の天皇家を導くものが会ったことを地元の新聞などにお書きなのです。

そんなことから、今回の美智子皇后が眉山(びざん)をご覧になった理由があるように思えるのです。

鳴門金時 黒眉山(びざん)

団塊シニアこだわり商店街
シニア市場 情報サイト!!

団塊世代タレント論

さだまさし 団塊タレント【一休さんのシニア情報】

 さだまさし「北の国から」のテーマ音楽

さだまさしは、富良野の倉本聡の自宅に呼ばれ、ドラマの第1回・第2回のビデオを見せられたそうです。

そのビデオに感動したさだは倉本聡に感想を聞かれ、「これは大ヒットしますよ」と答えた




「じゃ、まさしが音楽やって」といきなり言われてしまった。

さだは当初、自分は長崎県出身であり、北海道には北海道出身の人間(おそらく友人の松山千春など)がいるだろうと答えたが、

倉本聡はそんなことは関係無いと答えた。

さだが承諾したところ、今度は「今作れ」といわれ、即興で作ったのである。

実は倉本聡はさだにギターを持ってくるように、と言っており、最初から作らせるつもりだったのだと後にさだは語っている。

なお、このテーマ曲は歌詩が無いことでも有名だが、さだと倉本は「ドラマのイメージを壊す」と歌詞をつけいていない。


さだまさしの中で私が最も好きな歌 独断で推奨します。
親父の一番長い日

シニアのこだわりサイト
シニア市場 情報サイト!!

団塊世代タレント論

団塊世代吉田拓郎とかぐや姫 つま恋コンサート【一休さんのシニア情報】

団塊世代の音楽好きが妻恋に3万5千人集まった


静岡県妻恋でのコンサートを行ったドキュメントをNHKで見た。

吉田拓郎が、齢60になるこの年、30年前の再現を試みた。

今から30年以上も前に、この同じ地で初めてコンサートを行った時には、6万人を超える聴衆を集め、伝説のコンサートなどとよばれていたが、





今年も35000人が集まり、人気の健在を示した。


まず、集まった人たちの顔ぶれを見て驚いた。

50代後半の男女である。いわゆる団塊の世代と、それに続く世代。

その連中がこのコンサートを聞くために、わざわざ遠方から集まり、老年の男の歌うさまに夢中になっている。


何が、彼らを、そこまで駆り立てたのか。いささか考え込んでしまったところだ。

若い聴衆とは違い、さすがに熱狂したりはしないまでも、自分と歌い手との一体感に酔いしれているかのようであった。

主催する地元の人の、その日のお客さんの入り、その警備、などなどいろんな心配があったようだが、何よりこのコンサートを楽しんでいた。

カメラは色んな視点からドキュメンタリー作りに精を出していました。

会場に行くバスの中での団塊世代の盛り上がりは、共感出来るもの、即ちそれが明日への人生への糧になると言いたくなる様な、反面人生の持つ摩訶不思議さも感じました。

かぐや姫、南こうせつの出番はホンの一コマ程度したが、南こうせつの言葉は重みがありました。

このコンサートは自然の流れだという、これを逸したら次は無いかも知れないということです。

人生には何度かのチャンスがあります。それを掴みそこなったら2度とチャンスは巡って来ないということと同じです


「結婚しようよ」や「旅の宿」など、吉田の代表曲を聞くと、ひとつの音節

に二つの音(音韻)をあてている場合が多くて、歌そのものに、陰影ともいうべきものが生じて味わい深い。

吉田拓郎(よしだたくろう)・かぐや姫 コンサート・イン・つま恋 1975 / 吉田拓郎(よしだたくろう)/かぐや姫



このつま恋コンサートには、

団塊世代の今後のメッセージがいっぱい含まれていて

趣味の世界、音楽にも積極的に自分を表現する

参加型のコンサートの姿を見て、そのエネルギーを感じました。

団塊世代タレント論

団塊の世代 さだまさし「関白宣言」【一休さんのシニア情報】

さだまさし 団塊世代最後のタレント


さだまさしは1952年生まれで、正確には団塊世代をちょっとだけはみ出している。

団塊世代は、47年から51年にかけてふくらんでいる。

さだまさしは、だからはみ出しだが、最後の団塊世代と私は位置づけている。




堺屋太一さんの団塊世代の特徴を見事に歌にしたと思うのが、

関白宣言です。



堺屋さんは、団塊世代の特徴、
その青春時代の特徴をこう書いています。

 思想的には:社会主義
 倫理的には:絶対平和
 美意識  :優しくおしゃれ
 実生活  :職場(会社)人間

関白宣言は、この特徴をすべて含んでいるようで、
思わず笑ってしまいました。

優しくて真面目で、集団型で、仲良くしたい願望を持つが、

子供たちからは疎まれる

そんな様子が彷彿とします。

関白亭主になりたいけど、それほど父権(権威)がない

そんな団塊世代が浮かびます。

ところが団塊世代ほど、エネルギーと行動力にあふれた世代はいないと私は思います。

いかがでしょうか???

さだまさしの中で私が最も好きな歌 独断で推奨します。
親父の一番長い日