[PR] ソーテック お茶の究極 玉露【一休さんのシニア情報】:一休さんのシニア情報 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

一休 京都名物

お茶の究極 玉露【一休さんのシニア情報】

 玉露の産地は一休さんの里「京田辺」茶の究極の地
京都宇治茶の究極玉露は私の住む京田辺にあります。

毎朝散歩する、木津川の堤の下に広がる川の砂地帯に茶園が広がっています。
茶畑三山木









いまだなお、茶摘の風景は見ることできますよ。

近所のお茶栽培のおうちがあり、冬も春も夏もズーとお世話をしておられるご近所が当たり前にあるんですよ。

こんにちわ、とどのおうちに行っても

「まぁ 茶でも」
と出されるのは、あなたお分かりですか。

独特の茶器で(それは特別なものではありません)お湯を茶器に入れて、しばらくして、すこし大きめの湯飲みのようなものに入れて、くるくると空気中でさますのですね、

同時にお湯をもんでミズノ粒子を細かくします。

そしてやっと一杯の茶(玉露)に静かに注ぎます。

当たり前のように、玄関先みたいな場所で振舞われる宇治茶の真髄玉露です。

今年の茶はもう一つやなぁ

なんて言葉が出たりしますが、

なんともいえない、どういっていいのか

茶の香り

清水次郎長じゃないですよ

京都の宇治茶玉露は私の住む京田辺、それも三山木というところなんですよ

その葉っぱで銘茶を全国に知っていただきたいのが

舞妓の茶

あたしの地元の誇りを味わって下さい

申し訳ありません、当たり前に

ご近所でその原産、モルトを只で、土間の框に座っていただいています。

[PR]
★宇治茶の本当の里京田辺  舞妓の茶本舗★


[PR]京都の穴場観光地などもご紹介する
  京都の名物とお土産サイトをご案内します 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック