[PR] ソーテック 京名物 京野菜【一休さんのシニア情報】:一休さんのシニア情報 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

一休 京都名物

京名物 京野菜【一休さんのシニア情報】

京野菜

京料理には、京野菜なんどすわ 健康も京野菜なんどす


ほんのちょっと京野菜をご紹介します。

「聖護院だいこん」。

ほんのりと甘く丸い形をし、京料理には欠かせないこのだいこんは、江戸時代の末期に、左京区の聖護院地区で栽培したのが始まりといわれています。
ビタミンCやカリウムなどが豊富に含まれ、また煮崩れしにくく甘くて苦みも少ないので、主に煮物用に利用されます。

次に「堀川ごぼう」。

秀吉が堀川の西に作った聚楽第の堀がごみで埋められた後、その中で大きく育っているごぼうが発見され、そこで栽培をはじめたのが起源とか。

聚楽第の外堀が堀川通に面していたことから「堀川ごぼう」と呼ばれるようになったそうです。

かなりの太さがあり、なかに空洞があるため、そこに具を詰めて煮物にするとおいしく食べれます。

それから「九条ねぎ」

江戸時代、現在の京都市南区九条付近で栽培されていたねぎで、この名がつきました。
葉の内部のぬめりが、ねぎ本来の甘味と軟らかさの秘密とされ、

また栄養価も高く、九条ねぎをふんだんに入れた温かい味噌汁は、風邪の妙薬ともいわれてきたそうです。

そして「えびいも」。

里芋の中でも最高級品とされているえびいもは、煮崩れしにくく、味も染み込みやすいことから煮物に使うのがおすすめ。

おばんざいとして利用されるのはもちろん、おせち料理などにも欠かせない野菜の一つです。

そして私の住む京田辺「なすび」

みずみずしくて色もよく、焼きなすにも、田楽にも

言うことのない甘みのある味わいです。

京野菜は、今日ヘルシーの代名詞になりました。

[PR]
京土産名店街 京都ええもん直販


[PR]
大原三千院の老舗志ば漬け 志ば久


[PR]
京おばんざい 祇園藤村屋


PR]京都の穴場観光地などもご紹介する
  京都の名物とお土産サイトをご案内します 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック