[PR] ソーテック 京都観光 桃山文化【一休さんのシニア情報】:一休さんのシニア情報 団塊世代シニア旅行 楽しむ楽天トラベル
ブログアフィリエイトの王道特進アフィリエイトプロジェクト

一休京都観光穴場情報

京都観光 桃山文化【一休さんのシニア情報】

京都南部観光 桃山文化の桃山城

桃山文化とは、豊臣秀吉が政権を握っていた16世紀後半から17世紀のはじめにかけて栄えていた文化のことです。

信長や秀吉が全国統一を進めたこの安土桃山時代には、支配者の権威を示す豪華で雄大な城がいくつも建築されました。

その象徴のひとつであるのが、信長が建てた安土城です。

天守閣がはじめて設けられました。

五層七階建で、木造建築としては世界最高の高さを誇り、当時の木造建築のすごい先鋭的建築でした。

今で言う、安藤忠雄などの設計だったのでしょう。

桃山文化には、社寺や城郭建築、絵画に多くの傑作を生み、茶の湯が大成されました。

豊臣秀吉が京都に建てた聚楽第には、ふすまや屏風などに豪華な障壁画が描かれ、花鳥の彫刻もほどこされました。


出雲大社の巫女の出といわれる阿国(おくに)が、京都で歌舞伎踊りをはじめたのもこの頃で大衆芸能が花開いた文化の時代でした。

ちなみに、弁当箱という道具が生まれたのもこの時代。

中国から伝わってきたものだそうですが、中国語で弁当は「便当」と書き、日本でもはじめは「便当」としていたそうです、すごく興味深いことですね。

京都人が選んだ京都のお土産、京野菜・京都のお菓子、スイーツなどなど
「京都お土産情報サイト」へもどうぞ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック